なくなった父の遺品と思い出が残っています。

| トラックバック(0)

今年に入り、大好きだった父が亡くなりました。今まで病気らしい病気もしたことがなかったのですが、心不全であっという間に亡くなってしまいました。私は大学を卒業後ずっと親元から離れて暮らしているので、亡くなった時も父にすぐ会いに行くことができませんでしたが、ちょうど父が亡くなる一週間前に子供達を連れて実家に帰省をしたばかりで父に会っていたので、あれが最後の別れになってしまったなと思うと今でも胸が締め付けられます。

父は何があっても私の強い味方でした。子供を持ってわかったのですが、親というのは無条件で子供に愛を注げるものです。父もそのような気持ちで私を育ててくれたのだと思います。そんな絶対的な存在の父が亡くなったのはとても辛く寂しいですが、私自身も子供にとっての絶対的な存在でなくてはならないと感じたのです。父のように強い人間になれるかどうかはわかりませんが、天国にいる父が育ててくれた私自身に胸を張ってこれからも生きていこうと思っています。

父の遺品の骨董品は買い取りしてもらうつもりでいます。→骨董品を売る

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、nonchanが2018年3月20日 10:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タンスの中の不用品、どうやってお金に変えようかな♪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31